ホーム>施工ブログ>日記・工事報告
  • トップページ
  • エアコン工事
  • アンテナ工事
  • よくあるご質問
  • 施工事例
  • 会社概要

日記・工事報告

(豆知識) エアコンが最近大きい件について

こんにちは。

最近涼しくなりましたね。そろそろ秋かと思う今日この頃いかがお過ごしでしょうか?

自分はこのまえ80型エアコンの室外機を持ち上げる際、腰を痛めそうになりました。

「え?室外機を持ち上げたぐらいで腰を痛めるの?」とか言われそうですが、

調べたところダイキン80型エアコンの室外機は64kgもあるんですよ!

成人男性ほどの重さですね。

これだけ大きいエアコンですが、どれほどの性能かというと宿泊施設(家など)では47-70m2(平米)

これは1LDKの部屋が40~50m2、2LDKの部屋が50-65m2と

平均的なマンションの1室をこれ1つで補える性能と言えます。

(天井までの高さや日光の入り方、土地によって変わってきます。)

わが社ではエアコン取付工事を主に施工しています。

練度の高い工事人たちによる施工で満足いただける工事を約束いたします。

京都でエアコン工事・電気工事するなら!
㈱ワークス京都をよろしくお願いします。

その節は(25年前)お世話になりました返し。

本日は京町屋を改装されてゲストハウスにされておられる
京都ペリカン有礼ハウス様
https://www.facebook.com/youreisanhouse
にて、エアコン工事です。

京都復活第一弾。いきなりキビシー!

といっても、
このレイアウトも慣れてますので、サクサクと。
2017127104927.jpg
 
2017127104940.jpg
 
分電盤がすぐ横なので内部は特に時間もかからずに完了です。
 
2017127104955.jpg

2017127105226.jpg
 
なお、こちらのオーナー様。
25年前に私がバーテンしていた店のオーナー様です。
お互い相変わらず過ぎて困っちゃう(^ω^)
本日もワークス京都をご贔屓にして頂きまして有難うございました!
京都でのエアコン工事・アンテナ工事・電気工事をするなら!
株式会社ワークス京都をよろしくお願いいたします。

京都市にて 効かなくなったエアコンの修繕

フユゥーーーーーーーー

IMG_3150-thumbnail2

ジョン!!!

IMG_3155-thumbnail2

ニパッ

IMG_3151-thumbnail2

強制ではないですからね!
バイト君が私をリスペクトしてくれたんだからねっ!
ホントだよ!(大部分ウソ)

寺町付近の現場の前で爆笑が聞こえてたなら、
それはきっと私らです。(現場の前で断髪しました)
 
 
 

さて本日は1年前にリフォームされた現場での、
他社様にて移設された天井カセット四方向のエアコンが
まったく効かなくなったというご相談です。
 
 

メーカー様がとりあえずガスの補充をされたとの事ですが、
やはり半年ぐらいで効かなくなったそうです。

IMG_3376-thumbnail2
リークチェッカーで確認しましたが、
今一特定ができなかったので
窒素にて耐圧確認をしてみました。

その結果、
どうやら配管ルートまたは接続口に問題がありそうでした。

こちらのエアコン設置においては、
外部から見ただけでも2~4箇所ほど
溶接されている箇所が見つかったのですが、
 
 
そちらは見た感じ特に問題なし。
 
 
 

内機接続箇所を確認してみましたら、フレア加工が・・・
IMG_3372-thumbnail2

デカイ!淵がナットのフレア範囲からはみ出てる!
わかりにくいかもしれませんが、

銅管をフレア上に広げた外周がストレートになってます。
正しいフレアだと、淵に行くほど広がってるだけです。

なお、こちらが正解の加工

IMG_3373-thumbnail2

恐らくこちらが原因であると判断。

あとはガスを補充して完了です。

IMG_3375-thumbnail2

一ヵ月後ぐらいにもう一度点検しますが、
まず間違いなくコレで直ったと思います。

本日も、ワークス京都をご贔屓にしていただきまして有難う御座いました。
 
 
 
株式会社ワークス京都では、
お客様の「困った」のお声に駆け付け、
日々の暮らしをより良いものにする
お手伝いをさせていただいております。
 
 
エアコン工事・アンテナ工事・電気工事をお考えの際は、
株式会社ワークス京都をよろしくお願いいたします。

京都市にて 埋め込みスピーカー工事

本日は空調工事と改装・引っ越し・・・
そして、結婚祝いを兼ねた私からのプレゼント
埋め込みスピーカー工事です。
(この物件は古くからの友人宅です)
 
 


天井に直径210mmの開口です。使う道具は

IMG_20130601_165613-thumbnail2

中央のレバーでカッターの直径を決めるのですが、
開口中にレバーがゆるくなって直径が大きくなることがあります。

クロス仕上げ前のボード地なら失敗してもリカバーできますが
この杉板天井はこれで仕上げですのでミスできません。
 
 
補修は不可能に近いです((((;゚Д゚))))
細心の注意が必要です。

IMG_20130601_165540-thumbnail2


左がスピーカー開口。
右はダウンライトです。スピーカー穴でかっ(´゚д゚`)


神経をとがらせてましたが。
新人君に任せて目を離したら。。。

ラスト4か所目でやってしまいました。
(焦ってたので画像ないです)
 
 
 

確認わすれた作業で先程のレバー緩みで穴が大きくなり、
取り返しのつかないことに!

どうしましょう!(ノД`)・゜・。
 
 
 


スピーカ本体でかくすりゃいいじゃない。
このスピーカーはプレゼントのものなので
それをグレードアップ、大型のに変更すれば大丈夫!

ほんとのところ職人としてあるまじき話です。
でも幸運なことに友人宅です(笑)
 
 
 
 
あるまじるんです。
 
 
 
240mmほどになってしまった穴を260mmにしちゃうんです。
もっとでかくするんです。
 

そして・・・

IMG_20130601_171250-thumbnail2

でかいので杉板天井だと主張しすぎかなと思いましたが
スッキリ収まって見栄えがとても良いです。

結果オーライですが、
取り返しのつかない現場で油断しすぎだったなと
私も社員も大反省いたしました;つД`)
 
 
 
 

事務所番

本日は事務員さんがお休みのために朝から事務所番です(´-ω-`)

午前のうちに貯めていた見積もりなども終わってしまい
さて、、私タイム。

会社の社用車イプサム(12年落ち)のヘッドライトが
経年劣化により細かい、ひび割れが発生し
雨の日の夜などは怖いぐらいに暗くなってしまってました。
IMG_20130421_104643-thumbnail2

表面なのか内部なのかわからないので、とりあえず取り外し!

IMG_20130421_104659-thumbnail2

やれることは自分でやってしまうのが
工事屋根性(貧乏根性)( `ー´)ノ
 
とりあえず分解!
ヘッドライトの分解はウェブで下調べ済み。
 
ドライヤーと段ボール全体を暖めます
IMG_20130421_104732-thumbnail2

表面のアクリルと本体は
ブチルゴムという加熱するとドロドロに、
 
外気温だと硬化するコーキング材のようなもので
防水処理されていますが
 
上記のように温めると簡単に分解できます(・ω・)ノ

IMG_20130421_104749-thumbnail2

あとはひたすらサンドペーパーで
削る削る削る削る!
 
そして!

IMG_20130422_183320-thumbnail2
実際は手で磨くつもりが・・・心が折れてしまい
電動サンダーを購入したり、
いろいろと紆余曲折がございましたが
まるで新車のようなクリアなヘッドライトになりました。
 
 
右ヘッドライトにかかった時間4時間半