ホーム>施工ブログ>エアコン工事>効かなくなったエアコンの修理
エアコン工事

効かなくなったエアコンの修理

フユゥーーーーーーーー

IMG_3150-thumbnail2

ジョン!!!

IMG_3155-thumbnail2

ニパッ

IMG_3151-thumbnail2

強制ではないですからね! バイト君が私をリスペクトしてくれたんだからねっ!ホントだよ!(大部分ウソ)

寺町付近の現場の前で爆笑が聞こえてたなら、それはきっと私らです。(現場の前で断髪しました)

さて本日は1年前にリフォームされた現場での、
他社様にて移設された天井カセット四方向のエアコンがまったく効かなくなったというご相談です。
メーカー様がとりあえずガスの補充をされたとの事ですが、やはり半年ぐらいで効かなくなったそうです。

IMG_3376-thumbnail2
リークチェッカーで確認しましたが、今一特定ができなかったので窒素にて耐圧確認をしてみました。

その結果、どうやら配管ルートまたは接続口に問題がありそうでした。

こちらのエアコン設置においては、外部から見ただけでも2~4箇所ほど溶接されている箇所が見つかったのですが、そちらは見た感じ特に問題なし。

内機接続箇所を確認してみましたら、フレア加工が・・・
IMG_3372-thumbnail2

デカイ!淵がナットのフレア範囲からはみ出てる!
わかりにくいかもしれませんが、銅管をフレア上に広げた外周がストレートになってます。
正しいフレアだと、淵に行くほど広がってるだけです。

なお、こちらが正解の加工

IMG_3373-thumbnail2

恐らくこちらが原因であると判断。 あとはガスを補充して完了です。

IMG_3375-thumbnail2

一ヵ月後ぐらいに、もう一度点検しますが、まず間違いなくコレで直ったと思います。

本日も、ワークス京都をご贔屓にしていただきまして有難う御座いました。

弊社では、お客様の「困った」のお声に駆け付け、
日々の暮らしをより良いものにするお手伝いをさせていただいております。
京都でのエアコン工事・アンテナ工事・電気工事をお考えの際は、
株式会社ワークス京都をよろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.works-kt.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/169

コメントする