ホーム>施工ブログ>エアコン工事>どうにもこうにも
エアコン工事

どうにもこうにも

リフォームする際に空調を考えてもらっていればよかったものを。。

見積り依頼を頂戴したお客様です。

三階建てのテナントマンションの三階へ空調の見積りでした。

国道に面しており、車の駐車スペースもございません。 さて現場です。

もともと20畳ぐらいのワンフロアに6畳ほどの休憩室をパーティションで区切られたようです。

んんん~~~~

4馬力程の天井埋め込みパッケージが付いていたのですがそれが休憩室の中になってます。

当然6畳ほどの休憩室だけがやたら冷えて他の部分が全く冷えない。

とのことで新設依頼なのです。

が、電気はなんとでもなりましたが穴あけです。

オーナー様が連絡とれないので穴あけ許可がとれるのか取れないのかわかりません。

次に水です。

外部に接している唯一の面が国道に面した三階部分(実質四階)。 穴あけスペースなし。

冷媒管はどうとでもやりようがありますが水はスタート位置の室内機から下り勾配をキープしなければ排水できずに内機から漏れて来ます。

何としても経路を探すのが常なのですがさすがに八方ふさがりです。

天井カセットから四方向吹き出し口の一か所を塞いでダクトを設ければ別の場所に冷気を持っていけます。のでそれをお勧めしましたが既設の空調設備は借りているものなので触れられないとの事。

他の二か所の部屋も空調見積依頼して下さいました。

ですがこれも室外機設置場所が屋上で、その屋上に上がるのに二階の方のベランダからタラップで屋上に上がるしかないそうです。

今日は二階の方もおられなくてその経路を見れません。みれても室外機を持って上がれるとは思えません。

要するに、リフォームの段階だと色々やりようがあるのですが仕上がってしまうとどうにもこうにもできません。

このまま夏を迎えられるのも..いくらなんでも厳しいだろう何とかしたいなぁと思いましたが、、、、やはりどうしようもなかったです。

力不足でお役に立てずに申し訳ございませんでした。。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.works-kt.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/135

コメントする