ホーム>施工ブログ>エアコン工事>お引越し分エアコン設置依頼
エアコン工事

お引越し分エアコン設置依頼

翌日の工事依頼でお問い合わせいただきましたお客様です。
翌日工事は本来受け賜りにくいことが多いのですが翌日の予定が午後からしか無かったので対応させていただけることになりました。 さて一月入社の新人君もそろそろ一人デビューしなければなので(夏ですもん!)基本私は作業せずに補佐に回ります。 結果から言いますとちょっとした難工事でした。いきなりは厳しかったかな?いやいやこれ位はこなさないとね!
まず天井から(正確には廻縁)既設穴の下面が290mmしかございません。
IMG_20130427_111447-thumbnail2
本体が高さの低い機種であれば問題ないのですが基本サイズの300mmの機種でございます。
エアコンの取り付けは上の写真の左にございます据え付け盤(バックハンガーとも言います)を壁に取り付けてそこに上からはめこむような取り付けになります。
そのはめ込み代が50mmほどは必要になりますので合わせて350mmほどなければ物理的に設置できません。
今回の場合写真の天井面の廻縁(茶色い部分です)下面からは290mmですが天井面自体からは340mmほどございます。

E382BAE383BCE38388E383ABE38393E7B3BBE794BBE4BCAF-d0939-thumbnail2
(お手製エアコン横から見たの図。へたくそすぎました。^^;)
据え付け盤と本体の取り付けは、据え付け盤の上面にある張り出しの隙間へ落とし込みます。
このレイアウトの場合、廻縁の張り出しが隙間を邪魔をしますので(上の図、赤丸のところです)廻縁の下面から測定します。と要するに配管穴が高すぎます。 この場合の方法といたしましては

1・据え付け盤自体を何かのスペーサーなどを用いて廻縁と同じラインまで浮かせる

2・穴のあけなおし

3・水だけは何としても流れるように気合で付ける

4・取り付け不可 まず1は本体が浮いた感じになりますので見た目が悪くなります。

よって1は保険とします。 次の2番、マンションですのでコンクリート穴あけは現実的ではございません。4は無いとしまして結果気合で取り付ける3番の選択にしました。 といっても無理な付け方ではございません、本体のドレンホースを限界いっぱいまで持ち上げて
IMG_20130427_111423-thumbnail2

廻縁と据え付け盤の浮幅ぎりぎりまで寄せて邪魔しそうな下のコンセントはずらせる限界まで下げてこれで何とかなりそうでした。新人君にはちょっと難しいでしょう!がんばれ! 結果見事に室内機は取り付けができました。 後はフレア接続

IMG_20130427_115715-thumbnail2

テープ巻き、接続、真空引き

IMG_20130427_123434-thumbnail2

電圧切り替え(指導中。横顔は新人君です)

IMG_20130427_113350-thumbnail2

慣れていればこれらの作業は直感でできるのですが、新人君に今回の説明をしてもマニュアル的な取り付けではなかったので理解は完全にしきれていないでしょう。
ですが雰囲気をつかんでもらえたら次に似たレイアウトの物件に当たった時に、取り付け案の引き出しの一枚として身についてもらえたかなとは思います。

無事に取り付け終わってからお客様にお話をお伺いしてみたところ、引越し屋さんのエアコン取り付け業者様が穴の場所が高すぎるということで取り付け不可と判定されたそうです。

実際のところ量販店様やお引越し業者様からの依頼でしたら施工の責任がお客様、販売店、施工会社、職人と複雑になってしまいますのでマニュアル通りの取り付けができない場合はお断りすることは多々ありますし、当の私もそういった経緯で依頼が来た場合は取り付け不可の判定を出すかもしれません。

ですのでそこに腕の差や悪意があったとは思えません。そこはご了承ください。


いずれにせよかなり綺麗に取り付けはできました。(なんと完成の写真を撮り忘れました!)
新人君にも勉強になったことだと思います。

指導しながらなので少し時間がかかってしまいお客様にもご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

今後とも株式会社ワークス京都をよろしくお願いいたします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.works-kt.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/125

コメントする