ホーム>スタッフブログ>2013年4月

2013年4月

お引越し分エアコン

翌日の工事依頼でお問い合わせいただきましたお客様です。
翌日工事は本来受け賜りにくいことが多いのですが翌日の予定が午後からしか無かったので対応させていただけることになりました。 さて一月入社の新人君もそろそろ一人デビューしなければなので(夏ですもん!)基本私は作業せずに補佐に回ります。 結果から言いますとちょっとした難工事でした。いきなりは厳しかったかな?いやいやこれ位はこなさないとね!
まず天井から(正確には廻縁)既設穴の下面が290mmしかございません。
IMG_20130427_111447-thumbnail2
本体が高さの低い機種であれば問題ないのですが基本サイズの300mmの機種でございます。
エアコンの取り付けは上の写真の左にございます据え付け盤(バックハンガーとも言います)を壁に取り付けてそこに上からはめこむような取り付けになります。
そのはめ込み代が50mmほどは必要になりますので合わせて350mmほどなければ物理的に設置できません。
今回の場合写真の天井面の廻縁(茶色い部分です)下面からは290mmですが天井面自体からは340mmほどございます。 E382BAE383BCE38388E383ABE38393E7B3BBE794BBE4BCAF-d0939-thumbnail2
(お手製エアコン横から見たの図。へたくそすぎました。)
据え付け盤と本体の取り付けは、据え付け盤の上面にある張り出しの隙間へ落とし込みます。
このレイアウトの場合、廻縁の張り出しが隙間を邪魔をしますので(上の図、赤丸のところです)廻縁の下面から測定します。と要するに配管穴が高すぎます。 この場合の方法といたしましては

1・据え付け盤自体を何かのスペーサーなどを用いて廻縁と同じラインまで浮かせる

2・穴のあけなおし

3・水だけは何としても流れるように気合で付ける

4・取り付け不可 まず1は本体が浮いた感じになりますので見た目が悪くなります。

よって1は保険とします。 次の2番、マンションですのでコンクリート穴あけは現実的ではございません。4は無いとしまして結果気合で取り付ける3番の選択にしました。 といっても無理な付け方ではございません、本体のドレンホースを限界いっぱいまで持ち上げて
IMG_20130427_111423-thumbnail2

廻縁と据え付け盤の浮幅ぎりぎりまで寄せて邪魔しそうな下のコンセントはずらせる限界まで下げてこれで何とかなりそうでした。新人君にはちょっと難しいでしょう!がんばれ! 結果見事に室内機は取り付けができました。 後はフレア接続

IMG_20130427_115715-thumbnail2

テープ巻き、接続、真空引き

IMG_20130427_123434-thumbnail2

電圧切り替え(指導中。横顔は新人君です)

IMG_20130427_113350-thumbnail2

慣れていればこれらの作業は直感でできるのですが、新人君に今回の説明をしてもマニュアル的な取り付けではなかったので理解は完全にしきれていないでしょう。
ですが雰囲気をつかんでもらえたら次に似たレイアウトの物件に当たった時に、取り付け案の引き出しの一枚として身についてもらえたかなとは思います。 無事に取り付け終わってからお客様にお話をお伺いしてみたところ引越し屋さんのエアコン取り付け業者様が穴の場所が高すぎるということで取り付け不可と判定されたそうです。
実際のところ量販店様やお引越し業者様からの依頼でしたら施工の責任がお客様、販売店、施工会社、職人と複雑になってしまいますのでマニュアル通りの取り付けができない場合はお断りすることは多々ありますし、当の私もそういった経緯で依頼が来た場合は取り付け不可の判定を出すかもしれません。ですのでそこに腕の差や悪意があったとは思えません。そこはご了承ください。

いずれにせよかなり綺麗に取り付けはできました。(なんと完成の写真を撮り忘れました!)新人君にも勉強になったことだと思います。 指導しながらなので少し時間がかかってしまいお客様にもご迷惑をおかけしまして申し訳ございませんでした。

運送会社様にて防犯カメラ

本日は滋賀の水口にて防犯カメラ6台の設置工事です。
9:00に待ち合わせでAM7:45に出発したのですが名神が事故渋滞。
大津まで行くのに一時間かかりました。 
トンネルで玉突き8台の大惨事です。
電光盤の様子から私どもの寸前事故だったようです。

本日の相方が出発前にコンビニによりたいと切望しまして「寄り道しなければ渋滞前に抜けれた!」と言うとすかさず「寄ってなかったら巻き込まれてましたよ 感謝してください」
たしかに。。これはほんとにそうかも・・言いよるわこやつ!

さて本日のメニューはカメラ6台設置、他不明という何時もながらのビックリ箱なお仕事です。 他のメンツも同じく渋滞に巻き込まれてて開始は一時間遅れ、さりとて終了時間は予定通り。

現地調査からのスタートです。二台は入口ポール(難易度小)一台は録画機のすぐ横(難易度極小)三台は二棟離れた地上高6mの鉄筋H鋼。高いです!やばいですこれ!

雨と風と雷が強烈で作業が進まなくなったりしましたが小降りになった瞬間に高所の作業はおさめきりました。

内部はプレハブだったので配線の通る場所は目星がつけてあったので目標の18時には完了いたしました(正確には居残り部隊はまだ残ってました。ごめんなさい先に帰りました、他所で残工事があったんです ほんとです!)

手前味噌ですがお客様のご要望にお応えできた設置ができたと自信の持てる工事でした。
防犯カメラは設置までは展開が読めるのですが設定と方向調整にとても時間がかかりますね。 弊社も設置しておりますがカメラと録画機のセットは特に法人運営におきまして、いろいろなパターンで助 けられることがあります。まだ設置しておられない企業様はぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

さて
残業の神様の怒りをかったのか、帰りの名神も故障車渋滞で帰社に2時間かかりました。「最後まで残ってれば渋滞終わってたのに」と相方に言われ露骨にムッとした表情でそれはそれはとても大人な対応をしておきました。

**防犯工事はその内容により写真などはアップできません ご了承ください**+

事務所番

本日は事務員さんがお休みのために朝から事務所番です。
午前のうちに貯めていた見積もりなども終わってしまいさて、、私タイム。
会社の社用車イプサム(12年落ち)のヘッドライトが経年劣化により細かいひび割れが発生し雨の日の夜などは怖いぐらいに暗くなってしまいまた。

IMG_20130421_104643-thumbnail2

表面なのか内部なのかわからないのでとりあえず取り外し!

IMG_20130421_104659-thumbnail2

やれることは自分でやってしまうのが工事屋根性(貧乏根性) とりあえず分解!ヘッドライトの分解はウェブで下調べ済み。ドライヤーと段ボール全体を暖めます
IMG_20130421_104732-thumbnail2

表面のアクリルと本体はブチルゴムという加熱するとドロドロに、外気温だと硬化するコーキング材のようなもので防水処理されていますが上記のように温めると簡単に分解できます

IMG_20130421_104749-thumbnail2

あとはひたすらサンドペーパーで削る削る削る削る! そして!

IMG_20130422_183320-thumbnail2
実際は手で磨くつもりが心が折れてしまい電動サンダーを購入したりいろいろと紆余曲折がございましたがまるで新車のようなクリアなヘッドライトになりました。 右ヘッドライトにかかった時間4時間半

滋賀のアンテナ工事 引き込みポール

本日は滋賀にてアンテナ工事(の応援) 仕事仲間(仮名A氏)からアンテナ工事のヘルプ依頼で行ってまいりました。
さて。。

まず引き込みケーブルの張り出して居る場所がBSアンテナ設置可能場所と大きく離れています。 そして屋根には隙間なく太陽光パネル!屋根馬(屋根設置用の台)の設置できる場所がございません。

通常は屋根の棟(てっぺんの部分です)には300mmほどパネルを設置しない部分があるのですがそれがございません。よって屋根設置不可です。 壁面は鉄骨素材なので固定そのものが不可。 マイッタ。。。

と、ふと目をやると引き込みポールで電力が引き込まれています。これだ!
IMG_20130419_155013-thumbnail2 IMG_20130419_155050-350fc-thumbnail2
平面アンテナでは受信が不安定だったためいろいろな部材を組み合わせてばっちり受信。
結果すべてが完璧な状態まで持っていけました。
平面アンテナではないですがなかなかきれいに設置できました。
が・・何ですか今日の気温! 風きついわ寒いわBSアンテナごと飛ばされそうになりました!

応援と言われつつ結局全部私が施工しております。。またかA氏!